税理士紹介公式サイト-顧客満足度NO.1の税理士コンシェルジュ

45,569税理士事務所 874口コミ 18,052紹介実績

累計実績

2021年10月28日(木)

現在18,052

税理士コンシェルジュにできること

1000名の税理士と面談してきた税理士コンシェルジュだからできること

  • 税理士無料相談室

    税理士に無料で税務相談ができる!
    税金に関する疑問・悩みを今すぐ解決

    詳しくはこちら
  • 税理士口コミ検索

    お近くで評判の税理士を検索!
    税理士の口コミや業務内容を確認

    詳しくはこちら
  • 厳選税理士紹介

    面談済み税理士1000名の中から、
    あなたにピッタリの税理士を無料紹介

    詳しくはこちら

路線・駅から税理士を検索

新着・口コミ

    税理士口コミ検索

    新着・税理士無料相談

    税理士相談の一覧を見る

    税理士無料相談室

    親身になってくれる税理士に
    無料で相談できます。

    新規登録(無料)する 過去の相談一覧

    口コミを投稿する

    税理士を探している方の参考になる
    口コミをお寄せください。

    口コミを投稿する

    税理士の方へ

    サイトへの掲載・案件のご紹介に関しては、
    お気軽に問い合わせください。

    税理士の方へ

    厳選税理士紹介

    面談済み税理士1000名の中から、
    あなたにピッタリの厳選税理士を
    無料でご紹介するサービス

    税理士紹介サービスはこちら

    税理士コンシェルジュコラム

    税理士を探すためのポイントと4つの誤解

    数ある税理士事務所の中から、あなたに合う税理士を探すためにはどうすればいいのでしょうか?数が多すぎる事でどこがいいのか分からなくなる方もいます。弊社では、2008年にサービス提供を開始してからこれまで1000名以上の税理士と面談し、1万件以上の税理士を紹介してきました。

    税理士選びの専門家の立場から、税理士を探すためのポイントとよくある4つの誤解をご紹介します。税理士を探すポイントは、まず世の中にはどんな税理士事務所があるのかを知ることから始まります。あなたはどのタイプ・体制の事務所にお願いしたいでしょうか?

    税理士事務所4つのタイプ

    • タイプ 01
      低価格型

      自ら税理士事務所に出向いたり、毎月ではなく3ヶ月や半年に一度など面談頻度を減らすことで、必要最低限のことだけを依頼することで相場よりも格安で依頼が可能です。年商規模が5000万円未満の企業や事業内容が固定で大きな投資などの予定もない企業におススメです。

    • タイプ 02
      付加価値型

      あなたと一緒に未来を見据え、外部取締役のような立場から税務リスクや財務面に至るまでアドバイスしてもらえます。事業を拡大したい企業やしっかり節税対策をしたい方におススメです。事業計画をベースにPDCAサイクルを回しながら、利益体質の会社になるサポートをしてもらえます。

    • タイプ 03
      業種特化型

      飲食・医療・不動産など一定の事業数が存在する業種に特化し、同業他社の売上や粗利など平均値や成功事例など、本業に役立つ情報を提供してもらえます。しかし、特化していると言われ契約したが、実際はまったく詳しく無かった…と言う方もいます。ホームページに特化と書いていても自称の場合もあるため専門性の見極めが必要です。

    • タイプ 04
      業務特化型

      相続税申告や国際税務など、特定の業務に特化することでクオリティの高いサービスを提供してもらえます。その業務が持つ特有のリスクを事前に把握・回避するための方法を教えてもらえます。ただし、業務特化型の事務所はその数自体が少ないため、探すことが困難な場合があります。

    税理士事務所3つの体制

    • ひとり所長事務所(1名〜5名程度)

      自ら税理士事務所に出向いたり、毎月ではなく3ヶ月や半年に一度など面談頻度を減らすことで、必要最低限のことだけを依頼することで相場よりも格安で依頼が可能です。年商規模が5000万円未満の企業や事業内容が固定で大きな投資などの予定もない企業におススメです。

    • 中堅事務所(10名〜50名程度)

      資格保有者が数名在籍し、情報量も豊富で顧問先数も多く積極的に顧問先同士をマッチングしてもらえます。所長自身が人を雇用する経営者でもあることから、社長の気持ちを理解してもらえます。ただし、所長が対応できる顧問先にも上限があるため、日々の確認などは別の窓口担当者とやり取りすることになります。

    • 大手税理士法人(100名以上)

      駅前の一等地に事務所を構え、複数の支店を展開しており顧問先も多いため情報量も豊富です。金融機関とのパイプがあり、そこからの紹介で顧問先を獲得していることが多いと言えます。対応できる業務内容も多岐にわたりワンストップでの依頼が可能です。

    次に、税理士を探す際によくある誤解をご紹介します。税理士はあまり身近ではない業界のため、探す際に「歩いて行ける近くの事務所がいい!」「同じ業種を見ている税理士じゃないと嫌だ!」など、誤った認識に固執してしまい、本来出会えるはずの税理士に出会えてない方もいます。

    税理士探し4つの誤解

    • 誤解 01
      場所が近い税理士が安心

      何かあった時にすぐに行ける近い事務所を希望される方がいますが、結論から言いますといい税理士を探す際には場所の近さの優先順位は低くなります。なぜなら、歩いてすぐ行ける距離の事務所と契約したにも関わらず、まったく連絡がとれないとか、決算前ギリギリにならないと何もやってもらえないという解約理由も少なくないからです。いい税理士は電話かメールにすぐ折り返しありますが、場所が近くても折り返しがまったくない事務所もあります。また、税理士と会う頻度は多くても1ヵ月に1回程度です。訪問してもらう契約の場合、距離が気になることはありません。

      もし税務調査が入った際はどうでしょうか。脱税をしていない限り、抜き打ちで税務署がくることはありません。税務調査が入る場合は、税理士をつけていればまずその顧問税理士のところに連絡が行き、調査のスケジュールが決まります。

      こう考えて行くと、場所が近い税理士を希望されている方に具体的な根拠はなく、ただ何となくという場合がほとんどです。つまり、距離の近さが税理士を探す際の重要なポイントではないことが分かります。 ただし、金額を抑えるために自らが税理士事務所に出向く契約をする場合は、一番ではありませんが税理士との近さの優先順位は高くなります。

    • 誤解 02
      業種に強い税理士が安心

      業種に強い税理士なら、その業種特有の気を付けておくべきポイントをアドバイスしてもらえるのでは?と考え、業種に強い税理士を希望される方がいます。しかし、この要望を聞いた税理士は全員以下のようなことを思っています。 「業種が違っても、やるべき処理や気を付けるポイントは同じなのに、なぜ業種に強い税理士がいいと言うのだろうか?」

      実は、業種に強い税理士だからと言って、業務内容や税務リスクが変わったりはしません。そのため、●●業に強い税理士事務所とうたっている税理士自身でさえ内心では、「そんなに大きな違いはないんだけど…」と思っています。では、なぜ●●業に強いと言うかというと、その方がお客さんのウケがいいから、です。

      もちろん、税理士の中には先にも紹介したように相当数の同業者を見ることで特有のお金の流れを把握し、具体的な成功事例の情報を持っている税理士もいます。その場合は、自社の業務内容を説明しなくてもいいとか、守秘義務の範囲内で経営のアドバイスをしてもらえるメリットがあります。しかしながら、業種に特化し、そこまで深い知識と経験を積んでいる税理士事務所は、全体の数パーセントと言っていいでしょう。

      一番の問題は、●●業専門と言っていても実はそこまで詳しくない…という事務所も多いため、患者が医者の実力が分からないのと同じように、税理士を選ぶ側が実際の専門性を見極めることができないということです。

    • 誤解 03
      大手税理士法人なら安心

      有名なところ、名の知れた税理士法人なら安心と思いがちですが、そうとは限りません。情報量は多いですし、サービスも充実していますからワンストップで全ての悩みを解決してもらえることもあります。

      しかしながら、報酬は高いわりに決められた事以外の業務はお願いできなかったり、事務的な対応しかしてもらえない事もあります。それは、人数が多いため広い事務所を構えた分家賃代が報酬に乗っているわけからです。報酬が倍なら仕事のクオリティが倍なのか?というと残念ながら比例はしません。むしろ、ひとり税理士の方が、所長が全てを把握した上でサポートしてもらえるのでクオリティ・満足度が高い場合が多々あります。

    • 誤解 04
      知人からの紹介なら安心

      知人からの紹介なら、一定の仕事の質は確保されるので安心と考える方がいます。しかし、知人にとっていいからと言ってあなたと合うとは限りません。それは、経営者によって税理士に求めていることが違うからです。

      例えば、最低限のことだけを低コストでお願いしたい方がいれば、経営に役立つ様々な資料を出してもらいたい方もいます。若手でフットワークの軽い税理士を求めている方もいれば、経験豊富なベテラン税理士に予実管理から財務の相談まで経営のパートナーとしてお願いしたい方もいます。若手と経験豊富は、いわば逆の特性と言えます。経営者とは言っても会社のステージやこの先考えていることによって、税理士に求めることも変わってきます。

      また税理士のサービスはコミュニケーションがベースとなるため、人と人の相性の問題も出てきます。契約した後で合わないことが分かったが、知人の顔を潰すことになるので解約したくてもできない…と相談される場合もあります。稀に、知人と親しい税理士と契約したところ、自社の数字や情報が税理士経由で知人に漏れていた…という場合もあります。会社の根幹に関わるお金の情報を扱うため、慎重にならざるを得ないのは間違いありません。

      以上から、場所が近い・業種に強い・大手だから・知人の紹介が税理士を探す時・選ぶ時の重要なポイントにならないことはご理解頂けたと思います。

    • 税理士とは

      税理士にこれから相談をお考えの方のために、税理士という士業を知るための基本的な知識を解説しています。相談する時の注意点や相談料が分かります。

      続きを見る
    • 税理士を探す

      税理士をつけようと思った方のために、税理士を探す時に税理士選びで失敗しないためのポイントや、上手な付き合い方を解説しています。

      続きを見る
    • 税理士の報酬

      税理士の報酬について詳しく知りたい方のために、税理士の料金が決まる仕組みや相場を解説しています。費用の仕組みを把握することで、値下げの交渉や依頼業務の整理ができるようになります。

      続きを見る
    • 税理士の変更

      税理士の紹介や変更をお考えの方のために、税理士への不満や苦情の解決方法を解説しています。スムーズに紹介を受ける方法や変更をすることで無駄な時間とストレスを最小限に抑えることができます。

      続きを見る
    コラム記事一覧を読む

    あなたにピッタリの税理士を
    無料でご紹介いたします。

    税理士紹介サービスはこちら